山口電気工事株式会社|発電所および変電所における電力設備工事|官公庁、民間における一般電気設備工事の設計|施工太陽光発電設備の設計・施工

 

ワークライフバランス

  • ホーム  > 
  • ワークライフバランス
 

ワークライフバランスの取り組み

ワークライフバランスの取り組み
 
ワークライフバランス
 近年、国を挙げて仕事と生活の調和を図ろうという動きがなされております。弊社でも会社の健康は従業員の健康からと捉え、経営理念に基づいて心の幸せを目標とし日々取り組んでおります。現在は「WLB認定企業」を目指し、定期的に「ひょうご仕事と生活センター」から相談員にお越しいただき、社内制度を始め自社に合った「働き方改革」を行っています。
 

女性雇用推進

女性雇用推進
 
現在、山口電気工事では女性雇用推進に向けて大きく改革を行っております。新しく女性技術者が入社するので改革の発端とし、女性が長く働き続ける事の出来る会社づくりを進めていきます。
 

育児との両立

育児との両立
 
女性が長く働く上で一番のポイントとなる育児に着目し、建設業で働くという点を踏まえた上で新たな制度を打ち出しました。
【通常勤務と時短勤務の両立】
幼稚園および保育所に子供を預けてから出勤となるお母さんに対し、開始時刻にどうしても間に合わない事が度々出てきます。それを解決するために、年次有給休暇の時間単位での取得可能とする労使協定を結びました。お迎えに関しても同様としております。
また、居住地が遠いお母さんには表題にある、通常勤務と時短勤務の使い分けができる様に定めました。現在の法律では時間単位での有給取得は年間5日までと決められております。5日を消費した段階で時短勤務(時給)に切り替えるなど、お父さんが子供を預ける事ができる、お迎えに行けくことができる日があれば通常勤務扱いとなるように定めております。
そして、子供はどうしても怪我をしたり病気になってしまう時があります。親として心配なのは当然でございます、会社としては有休をそのようなアクシデントに使用するよりも、自分の為や家族との大切な時間に使って欲しいという想いもございます。その為、子供の傷病時に使うことが出来る有給補填も新しく定めました。
社会には働きたいお母さんがたくさん居ます。大切な働き手である従業員には「子供が枷になってしまうような」働き方もそうですが、一切そんな思いをして欲しくないという想いもございます。その為にも、柔軟な働き方が可能となる会社づくりが重大となってきます。
女性の雇用を推進する上で、今後も家庭によっては様々なパターンが出てくると思いますので、その都度で働きやすい環境づくりを進める予定です。
 

介護との両立

介護との両立
 
育児の問題は介護でも同じことが言える為、介護に関しましても同様な規則を制定致しました。「仕方がない」を極力排除できるように、今後も考えてまいります。
<<山口電気工事株式会社>> 〒660-0064 兵庫県尼崎市稲葉荘1丁目13番5号 TEL:06-6416-7441 FAX:06-6416-7444